イベントの企画構成は楽しい。

PR|利便性の高い青山のシェアオフィス

私は表参道で小顔エステのランキング知立市の注文住宅のクチコミを作成する団体で活動して企業版ふるさと納税の手順を調べています。以前は大阪の葬儀社で働くサラリーマンでしたが毎日が激務の連続で体調不良となりクリニックを受診した結果、頚椎脊柱管狭窄症で手術を受けました。その後脱サラして、千代田区の整体院で評判のところに通ってる知人の仕事の手伝いから放送作家の仕事をするようになり、今は独立しています。

極稀に東京の青山のレンタルオフィスで仕事中にイベント制作の仕事が舞い込むことがあります。
ほとんどがアニメ系やゲーム関連の声優さんが参加するイベントなのですが、
こういったイベントは、ほとんど生ものです。
もちろん最初に企画して台本は仕上げますが、ほとんどがコーナー進行のみの台本になります。
その場でどのようにコーナーを進行するのか会場の空気を感じながらイベントを盛り上げていくのは演者サイドとなるわけです。
これはテレビなどの番組とは違って何が起こるかわかりません。
どちらかと言うと舞台に近いですね。

当日のお客さんの空気、会場の雰囲気、演者さんの体調、すべてが一致しないとうまく事が運びません。
この生の生き物を操る事が出来た時の喜びはテレビ番組でいい台本をしあげた時の何倍もの喜びがあります。なぜならば、私一人の力ではどうにもならないからです。
確かにテレビ媒体だって私一人の力ではどうにもなりません。
ですが時間があるんですよ。放送までいくらかの時間が。なにかあっても修正が出来るんです。でもイベントはそうは行きません。
だってスタートしたら終わるまでは生で進行するわけですから。なのですべての人々の力(お客さんの力もも含めて)が必要不可欠なわけです。
すなわち一致団結、全員野球なわけです。

これは成功したとき楽しいですよ。皆でやった感が半端ない。だから私はイベントの企画構成が大好きなんです。またもう一つ大好きな理由があるのですが、これは演者さんとめちゃくちゃ仲良くなれる事、例えば収録ですと私は収録ブースには入りません(実際に演じる場合は入りますが)。主に裏のミキサールームから収録スタジオを拝見する形になります。なので演者とのかかわりは「おはようございます」「おつかれさまでした」だけ。面白くない。でもイベントは違います、頭から流れをしっかり説明して、進行中も舞台裏から色々な指示を出させてもらいます。なので演者との距離が縮まるんです。イベント面白いから気になる方は是非一度体験してみてはいかがでしょうか。

PR|英語上達の秘訣住宅リフォーム総合情報生命保険の口コミ.COMマッサージリアル口コミ.comクレジットカードの即日発行じゃけん英語上達の秘訣AGAでお悩み解決|健康に役立つ口コミ情報|カウンセリングのお悩み解決サイト|ダイエットチャレンジ|